多摩産材のことなら秋川木材協同組合まで

伐採事業

  • HOME »
  • 伐採事業

空師による伐採

空師による伐採
”空師”と書いて「そらし」と言います。
 
初めて耳にする方も多いと思いますが、この呼び名の由来は、木よりも高い建物がなかった江戸時代。数十メートルもある木に登り、空に一番近い所で仕事をすることから生まれたからと言われています。空師の主な仕事は、高い木に登り、伐った枝を下ろしたり、建物に囲まれた通常伐採出来ないような場所に生えた木の伐採など、通常工務店や造園業では請け負ってもらえない仕事を行う職業です。
 
山で木を伐る人は木こり。”山師”とも言われます。
空師の活躍する現場は山の中ではなくむしろ都会。街の中です。
木を伐るときには下に建物があったり、道が隣接していたり、フェンスなどがあるので倒すことが基本出来ません。ですので、枝を伐る際にも木に登って伐れた枝をロープで結んで丁寧に降ろしたり、太い幹もバランスを考えながらの吊るし切りを行います。

 

空師による伐採
この職業は私たちの組合にも所属する”木挽き”同様、熟練度を要する専門職の為、なかなか人材が育ちません。そして現在では、伐採したいのに立地のせいで切り倒せない木があるにもかかわらず、空師の存在を知らない為、伐採できずに困っている方も存在します。
 
弊社では、この空師を一般にも広め、存在を知って頂き困っている方のお力になれればと思っております。
 
 
 
・自宅の木の枝が隣の敷地まで伸びて困っている
・電線に掛かっているので気になる
・葉っぱが落ちて掃除が大変なのでそろそろ伐りたい
・部屋に日が当たらないので何とかしてほしい
・自分ではもう伐れないし、造園会社に頼んでも難しいと断られた
・台風で倒れそうなのでなんとかしたい
 
様々な要因があるかと思いますので、ぜひ一度お問い合わせください。

【伐採までの流れ】

1:お問い合わせ

2:現地調査

3:御見積ご提出

4:発注・お支払い

5:日程調整

6:伐採施業

7:施業完了

 

お気軽にお問い合わせください TEL 042-596-0037 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝祭日除く ]

  • facebook
  • twitter
  • tokyo wood
  • あきがわ木工連
  • 多摩産材利用拡大フェア
PAGETOP
Copyright © 2017 秋川木材協同組合 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.